ピザを食べている女性

肥満体型の人のなかには「自分が肥満なのは仕方がない。自分の親も太っているから遺伝なので防ぎようがない」という人がいます。
たしかに「親が太っていると子供も太る」という言葉はよく耳にしますし、実際にぽっちゃりした体型の子どもの親はやはりぽっちゃりしています。
では、本当に肥満は親から遺伝するのでしょうか。

実は、肥満の遺伝子を保有しているからと言って子供もかならず肥満になるとは限りません。
実際のところは「肥満は遺伝が三割で生活習慣や環境が七割」と言われています。
つまり、家族が同じような体型になるの食生活などが大きく関係しているといえます。
太っている体型の両親はよく食べますし、脂っこい料理や砂糖をたくさん使っているお菓子が好きな人が多いようです。
そして炭酸飲料などのジュースをお茶の代わりに飲む家庭も多いようです。
そうなると当然、子供もその影響を受けます。
それで、家族がみんな同じようなぽっちゃりとした体型になってしまうのです。
それで、遺伝子としては太りやすいのかもしれませんが、それでも自分自身が食生活などによく気を付けているなら、肥満体型を克服することが出来ます。

そのためにはやはり両親と同じような食事をしないことです。
脂っこい料理やカロリーの高い料理を避けるようにしましょう。
ファーストフードやインスタント食品も避けて、野菜や海藻類をたくさん撮るようにしましょう。
さらに、炭酸飲料やアルコール飲料を日常的に飲むのではなく、水分補給はお茶やお水を飲むようにしましょう。
そうすると健康的な体型を手に入れることが出来るでしょう。
ぜひ、体型のためにそして健康のためにも食生活と生活習慣を見直すようにしましょう。

記事一覧
食事している肥満な人

肥満体型を解消するには、置き換えドリンクを利用して、トータル摂取カロリーを減らすことも可能です。 肥...

重体を気にする女性

肥満傾向が高いと、生活習慣病を引き起こしやすいと言われています。 高血圧や高脂血症、糖尿病などの生活...

肥満な男性

肥満とは、標準体重を超えていることであり、皮下脂肪や内臓脂肪がかなりの割合をしめています。 肥満が続...

肥満な女性

肥満は体にとってよくない症状の一つです。 肥満は、多くの病気を招いてしまいます。 糖尿病や高血圧など...